集合住宅

airbnbの代行業者を使ってビジネスを始める

安定のある投資

集合住宅

マンション経営は、様々なメリットがあるため、最近人気の不動産投資となっています。マンション経営を行うことで、老後も安定した収入を見込むことができるのです。また、相続の際には節税することができるといったメリットが数多くあります。

制度のしくみ

積み木

高齢者の方が賃貸の物件を借りる際に保証人がないということで入居を断られないようにするための制度があります。この制度が家賃債務保証制度になります。この制度により保証人なしでも借りることができるようになったのです。

専門業者に委託

マンション

マンションの経営を行うのであれば、マンション管理についてもいろいろと調べる必要があります。ほとんどのマンション経営者がマンション管理業者に依頼していますが、その業者は数多くあります。だから事前にいくつかの業者をピックアップしておきましょう。

民泊サービス

住宅模型

airbnbとは、部屋を貸したいホストと部屋を借りたいゲストをつなぐ、民泊仲介サービスになります。airbnbのサイトを活用することで、ホストとゲストが直接やりとりを行います。その結果、ホストとゲストの契約が結ばれることで、そういった場所を提供したということで手数料としてairbnbに支払うというしくみになっています。最近では、airbnbを投資の手段として、注目を集めています。通常の不動産投資に比べるとairbnbの場合はローリスク・ハイリターンである点が特徴的です。通常の不動産投資と同様に、airbnbの投資の場合も空室のリスクはありますが、訪日外国人旅行者数の増加に伴って、リスクを最小限に抑えることができます。また今現在日本にある宿泊施設が不足していることで、こういった民泊サービスに需要があることが明確で、今後も注目されている投資方法の一つなのです。ローリスクである中で、通常の不動産投資から得られる収入は2倍3倍の収益を上げることができます。最近問題視されている空き家問題に関しても、airbnbで空き家や空き部屋を有効活用することができ、収益を上げることができます。空き部屋上昇を止めることができるビジネスとしても注目を浴びているのです。また宿泊施設としては立地がとても重要になりますが、見せ方次第では外国人の旅行者にとっては、人気の物件にすることができます。通常の不動産投資ではなかなか借り手の付かない物件でも、airbnbの民泊のサービスを行うことで、高稼働・高収入を見込むことができます。また、個室貸しといった方法でも運用することができるため、自由度の高い点が民泊サービスの大きな魅力ともいえるでしょう。最近では、airbnbの運用の代行を行ってくれる会社も存在します。代行の会社があることで、仕事をしながらでも運用することができるビジネスとなっています。