男の人

airbnbの代行業者を使ってビジネスを始める

制度のしくみ

積み木

家賃債務保証制度というのは、高齢者の方が高齢であり、保証人もないため賃貸物件への入居を断られることがないように、家賃を保証する制度になります。その結果、賃貸物件を所有している不動産の経営者には家賃の不払いの心配がほとんど無くなるため、安心して高齢者を入居させることができます。この家賃債務保証制度を利用することができるには、高齢者円滑入居賃貸住宅の登録された民間の賃貸住宅であることが決められています。また、同居人は配偶者を除き原則60歳以上の親族といった決まりがあります。そして、保証内容としては、保証料は2年間の保証で月額家賃の35%になります。しかし、保証期間内に家賃の滞納があれば、最長で6か月分までは立て替えてくれます。そして、その立て替え分は後日入居者から回収されます。また、高齢者の他にもこの制度を利用することができます。それは、障碍者の世帯や子育て世帯、外国人世帯といった方々にもこの家賃債務保証制度を利用できます。この家賃債務保証制度の利用する際の流れは、基本約定の締結を行います。これはあらかじめ賃貸物件の経営者と高齢者住宅財団の間で保証の利用に関する約定を締結します。そして、保証の説明に関しての説明を受けて申し込みを行います。そして、保証料を振り込むことで、保証が開始されます。こういった手続きの情報を詳しく知りたいのであれば、ネットを参考にして行うといいでしょう。ネットを活用することで、事細かく手続きにおいて知ることができます。